【担当者の声】オフィスの出店用地探しについて - the workplace|山口・下関の事務所・オフィス建築専門
お知らせ・お役立ち情報

お知らせ・お役立ち情報

【担当者の声】オフィスの出店用地探しについて

オフィスの出店用地探しにて、お客様が抱える1番のお悩みは「予算」です。
土地や建物代を可能な限り抑えて、自社の本業となる経営に十分に投資を回すことができるよう、無理のない支払いの範囲で建てられるオフィスを選ぶことをおすすめします。

株式会社コプロス 常務取締役 宮崎 株式会社コプロス 宮崎氏

――オフィス用地の価格の見方について教えてください。

土地には、「坪単価」や「㎡単価」と呼ばれる相場価格があります。
例えば、日本で最も公示地価の高い山野楽器銀座本店(東京都中央区銀座4-5-6)は、5,300万円/㎡(2022年3月時点)です。
出店したいエリアが決まっていれば、「土地代データ」にて坪単価を調べると相場が分かります。

――オフィスの土地購入金額の目安はありますか?

土地購入金額の目安は、30~50万円/坪が基準になります。
住宅用地も同様の基準額で考えます。30万円/坪より安く、出店条件を満たしている土地であれば購入をおすすめします。逆に、目安を大きく超えるような金額なら、別の土地を探した方が良いです。

また、土地や建物には、売買価格と賃貸価格があります。
売買価格のみ表示している物件でも、賃貸契約の相談OKな場合もあるため、土地の所有者にあらかじめ条件を確認しておくと良いです。

――オフィスの土地探しはどのタイミングで始めればよいですか?

新規出店を希望する場合、土地探しは早めに始めておいた方がよいです。理想の条件に合う土地はなかなか出てこないため、中長期で探す必要があります。商売は立地で決まると言いますが、オフィスの出店も立地の見極めが大切です。

――オフィスの土地探しの重視すべきポイントは何ですか?

企業が重要視すべきポイントが立地です。
オフィス出店の関連法に適合した地域であることや、最寄り駅からの近さや、車・バイク・自転車などの通勤の便利さ・通勤時間、関連会社や取引先へのアクセスなどが挙げられます。
また、近年はBCP(事業継続計画)の観点から、災害リスクの少ない立地が望まれます。
その場合は、自治体で公表するハザードマップ(地震、土砂災害、津波・高潮、洪水など)を参考にすると良いです。

――注意した方がよいオフィスの土地はありますか?

物件で田畑を紹介された場合は注意が必要です。
田畑は、農業振興地域であり、農業振興地域整備計画により農業を推進するエリアとなります。
この場合、農振除外(農用地区域からの除外)に半年、農地転用、地権者調整、自治体調整で2年かかると考えておいた方が良いです。また、土地の造成費用を、出店者負担とする場合がありますので、開発条件をしっかり確認しておきましょう。早期の出店したい場合は、造成済みの土地に絞って探しましょう。

――オフィスの土地探しの失敗しない進め方は何ですか?

出店計画時は、先に建物代、土地代、諸経費などを大まかに把握しておくことをおすすめします。
自社の支払い可能な投資額を見極めた上で、最適なオフィスの出店計画を信頼のおけるパートナーに相談しましょう。建設会社の見積相談は無料です。

問合せの際は、「どのようなオフィスにしたいか」を明確に伝えることが大切です。
出店予算をはじめ、取扱い品、雇用する人数、建物・土地の希望面積、建物構造、操業開始時期、出入りする車両の数や大きさ・頻度、操業時間、騒音・振動の有無など、詳細な情報が求められます。
担当者から土地情報を紹介してもらった際に、即座に出店可否の判断ができるよう、しっかり準備しておきましょう。

――「the workplace」のサポート内容ついて教えてください。

当社では、新規のオフィス建設などのご計画に対して、土地探しからサポートさせていただきます。新規出店に関する出張相談会を随時開催していますので、ご興味ある方はぜひ、お気軽にご相談ください。

土地探し相談はこちらから

CONTACT

お問い合わせ

CONTACT

電話番号083−246−0545
お問い合わせ・お見積り
カタログダウンロード